MARY QUANT

Tweet

facebook シェア

メーク基本編

スキンケア編

  • クレンジング・洗顔
  • 化粧水
  • 乳液・クリーム
  • アイ&リップケア
  • スペシャルケア
  • UVケア
  • くすみケア
  • ニキビケア
  • エイジングケア
  • マッサージ
  • 毛穴ケア
  • 不安定肌
  • 血行促進
  • 冷え
  • 入浴
スキンケア編 クレンジング・洗顔 Vol.1 美しく健康的な素肌への道は、肌を清潔にすることから始まります。肌に必要なうるおいを残しながら、汚れや老廃物を落とすことがポイント。毎日のことだからこそ、間違った方法では老化や肌トラブルを引き起こすことに。正しい手順でケアし、理想の肌を手に入れましょう。 まずはポイントメークを落とします。デリケートな部分だから、専用のリムーバーでやさしく・素早くオフして。 HOW TO コットンは3枚使用するのが目安です。(眉~アイメーク→左右それぞれ1枚ずつ、リップ→1枚)アイカラーは目頭から目尻へ。マスカラはしばらく押さえて、さっと落とします。 POINT 強くこすらないようにしましょう。シワやたるみ、くすみの原因になります。 クレンジング メークや皮脂は、時間が経つと外気の影響を受けて脂汚れに変わっていきます。しかも、肌に密着しているので、水や洗顔料だけでは落ちにくいという特徴も…。クレンジングは油溶性の汚れ(メークや皮脂など)をなじませて、肌から浮き上がらせ取り除きます。 洗顔の前にティッシュでやさしく拭き取るか、水かぬるま湯で洗い流します。ここでは力を入れすぎないことがポイント。 MARY’S IDEA 朝起きたときに肌のベタつきが気になる場合は、洗顔の前にクレンジングを。気になる日中のメーク崩れを防ぎます。 らせんを描くときは、下から上へ、内側から外側を意識しましょう。らせんを描きながらやさしくクレンジングマッサージをすることで、しっかり汚れを浮き上がらせます。 洗顔料 主に古い角質など、水溶性の汚れを取り除きます。洗顔料に含まれる洗浄成分は、泡立つことで汚れと混ざりやすくなるので、しっかり泡立てることがポイント。たっぷりの泡で、きちんと汚れを取り除いて清潔な素肌にリフレッシュさせましょう。 POINT 洗顔は「ぬるま湯」で。熱いお湯を使うと、肌に必要な油分を奪ってしまい乾燥の原因に…。 マリーのクレンジングはこちら マリーの洗顔料はこちら マリーのポイントメークアップリムーバーはこちら