MARY QUANT

Tweet

facebook シェア

スキンケア編 メーク基本編

ビューティー編 Vol.4 敏感肌・カブレについて

ビューティー編

  • 季節と肌
  • スキンタイプ
  • シミの生成メカニズム
  • 敏感肌・カブレについて
  • むくみについて
  • 年代別の肌トラブル
  • 血管と美肌の関係
肌のコンディションが優れないときは、状態やその原因を正しく知ることが重要です。 敏感肌・カブレについて詳しくご説明します。 敏感肌の肌状態 さまざまな状態があり、いくつか組み合わさっている場合もあります。 1. バリア機能の低下 刺激物質が浸透しやすく、刺激を感じる。 2. 炎症 ちょっとした刺激も感じやすい。 3. 知覚過敏 知覚神経が皮膚の表面まで伸びていて、 刺激を感じやすくなる。 敏感肌のケアには、バリア機能のサポート・肌あれを防ぐ ・肌を整えることが大切です。 カブレとは 体には、外から侵入してくる異物(ウイルスや細菌など)を排除しようとする 防衛システムがあり、次のような症状を伴って皮膚の炎症をおこします。 代表的なカブレの症状 ●腫れ、赤み、痛み、痒み ●じんましん…蚊に刺されたような状態 ●湿疹…湿ったような状態のできもの カブレの主なタイプ 1. 体調や皮膚の状態が良くないときにあらわれる(一次刺激性接触皮膚炎) 代表的な原因 ●病気やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによる体調不良 ●乾燥しているとき、日やけ後など、皮膚の状態が良くない ●紫外線、大気汚染、気温の急激な変化、環境の変化 2. 特定の原因物質に触れるとあらわれる(アレルギー性接触皮膚炎) すぐに反応が出る(数十秒や5~10分)場合や、 反応が出るまでに時間がかかる(半日~数日)場合がある。 3. 原因物質に触れ、さらに日光が当たるとあらわれる (光アレルギー性接触皮膚炎) 敏感肌に思われても、一時的なカブレの場合もあります。その場合は、無理にスキンケアをせず、肌が安定するまで様子を見てください。また、ストレスをためず、日中の刺激からも肌を守るようにしましょう。 敏感肌やゆらぎ肌に。肌本来のうるおいをサポートするスキンケアはこちら